賛助会員について
いさはや

としょかんのまち・諫早」  を未来へ!

公共図書館とは、すべての市民が平等に情報や知識や感動を​得ることができ、

自己決定力や判断力を身につけて、よりよい生活を送るための重要な役割を担う

公共の施設です。また、人との出会い、文化や歴史との出会いの場でもあり、

豊かな心を育むことのできる施設でもあります。

私たち「としょかん広場」は公共図書館の役割に賛同し、赤ちゃんから高齢者まで

より多くの市民と図書館を結びつける活動をすすめていきます。​

みなさまから頂いた賛助会費は、次のような事業に使わせていただきます

​市民と図書館をつなぐ

33万6千冊の蔵書、中心市街地に建つ地の利、諌早市の歴史や文化、風土、環境、人材を活かした講座や催しを開催し図書館と市民をつなぎます

・絵本作家の講演やワークショップの開催

・200冊の児童書の展示「世界の子どもの本展」開催

・情報発信

​など

子どもたちと本との出会いのために

・幼児や子供向けのおはなし会の企画やサポート

・子どもと子どもの本の講座の開催

・親子あそび会の開催

​など

図書館ボランティアの支援のために

現在、諫早図書館に関わりながら活動している27の市民ボランティア団体の活動を支援します

・情報交換会の開催

・広報活動

・催し物のサポート

​など

賛助会員の皆様には年2回、会報誌「ひろば通信」をお送りして活動の報告等を行っております

みなさんのご支援をお願いします!